乳白色の豚骨スープ


豚骨スープ博多ラーメンにかかせないものといえば、こってりとした豚骨スープです。乳白色に濁ったスープは豚のうま味が凝縮されており、その濃厚さが好きという方も多いのではないでしょうか。しかし、そのような豚骨スープの起こりは、実は博多ではなく久留米。さらに、豚生まれたきっかけは思わぬアクシデントだったのです。

当初の豚骨スープは、まだ現在のような乳白色ではなく透明なスープでした。ではどうして今のような豚骨スープに変わってしまったかというと、初めに豚骨スープを考案した久留米のラーメン屋台が、スープを煮立て過ぎてしまったことが事の始まりです。火にかけ過ぎたスープは、透明さを失い濁ってしまいます。当時、その味は全く未知のものでしたが、偶然にもそのこってりとしたそのスープを捨てずに味見してみると、非常においしいスープだということが発覚したのです。こうして今の豚骨スープが生まれました。

久留米で生まれた豚骨ラーメンは、屋台を訪れていた客から徐々に広まり、豚骨ラーメンの店を開業する店が増えていきました。その広まりは久留米から熊本へ、そして福岡県でも博多へと定着していったのです。また、久留米と博多ではスープの濃さに違いがあります。ぜひ一度食べてみて、味比べしてみてください。