博多ラーメンの特徴


九州といえば久留米ラーメンや熊本ラーメンなど、名物ラーメンがいくつか存在しています。どれも非常に人気の高いラーメンで、九州へ出向いた際には必ず食べるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。その中の一つである博多ラーメンは、全国に名を馳せるラーメンであり、よく知られています。さらには、博多ラーメン独自の特徴がラーメン業界に衝撃を与えました。

博多ラーメン博多ラーメンとなる要素は、乳白色の豚骨スープとストレートの極細麺です。九州の名立たるラーメンは基本的に豚骨スープがメインですが、それぞれ微妙な違いがあります。濃さは久留米ラーメンよりも薄めなので、より万人に受け入れられやすい味と言えるでしょう。また、特徴の一つである極細麺は客のニーズから生まれたもの。麺が素早く茹で上がるため提供までの時間が早く、急いでいる方でも手早く食べることができるのです。そして、博多ラーメンで忘れてはならないのが替え玉というスタイル。スープはそのままに、麺だけをおかわりするという斬新なアイデアで、麺が伸びるのを防ぎます。美味しい状態のラーメンを安い値段でたくさん食べられるというのも、博多ラーメンが愛されてきた理由かもしれません。

このように、博多ラーメンの歴史を遡ると、そこには面白いルーツが隠されているのです。そこで当サイトでは、博多ラーメンの特徴について起源から詳しくご紹介。博多ラーメンの魅力を改めて押さえておきましょう。